So-net無料ブログ作成
まちづくり ブログトップ

松の木を植えよう [まちづくり]

「黒松の苗木」を育てています。

鵠沼、或いは、鎌倉、茅ヶ崎在住の方ならご存知の様に、かつての
「湘南」の面影、風情は、何処へやら……。特に、鵠沼、片瀬海岸周
辺は、急激に変化しています。

この地域は、日本最初期の別荘地のひとつ。一面の砂丘、湿地地帯
でしたから、土地を購入するにあたっては、黒松の植樹が奨励され、
やがて松原に生まれ変わりました。今思えば、環境に優しく、気候に
合った開発方法だった訳です。

玉石に竹垣の街並み。みんなで植え、育った黒松が、たった百数十
年で、いとも簡単に伐採され、いつもの散歩道が、数日後には、容赦
なく更地になり、砂が飛んでいます。

相続税その他の諸事情ある私有地ですし、防災、法律的問題などが
複雑に絡みます。経済効率も大切な事柄ですから、やむを得ない部
分も多々あります。

しかし我々は、分譲開発の担い手(設計事務所であれ、不動産会社
であれ、住宅メーカーであれ)を選ぶ事が出来ます。良心的な担い手
であれば、依頼主の「きもち」を汲んでくれます。

それでも、残せる松の木には限りがあるかも知れません。多くの松が、
敷地境界線沿いにあり、道路後退により、姿を消す場合もあります。

1:残せるなら残す
2:なるべく街路沿いだけでも残す
3:それ以上に植える

そう……、「残す」が非常に難しく、或いは、ここまで壊滅状態になっ
てくると、「植える努力」が必要と思います。

藤沢市の指導では、最低区画が100㎡(約30坪)の基準があります。
売買し易い金額の問題もあり、多くが、30~40坪で分譲されている
事でしょう。その「30~40坪あたりに1本」運動で良いと思います。

1軒に1本でも、100軒集まれば100本です。点は線になり、やがて
面になります。

勿論、土地をお持ちの方(売り手)の「きもち」だけでなく、官民問わ
ず、開発に関わる様々な方の善意が必要ですし、そして、新しくお住
まいになる方にも、鵠沼の歴史や文化、先人達の「きもち」を知って
お住まいになって欲しいと思います。(椰子の木も良いけれど、黒松
も是非1本。樋が詰まると、言わないで。)

先ずは試しに、2月から、アトリエの庭で、樹高40cmの小さな黒松を
3本育て始めました。成長期に入り、伸び始めましたので、何れ定植
しようと思います。
素人ですので、順調に育つかどうかは不明ですが……。


まちづくり ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。